記念切手の買取でプレミアがつくのは・・・

記念切手の高額買取となるものとは

数ある記念切手の中から、プレミア価格となっているものを一部ご紹介します。
お手元に以下の記念切手があるかどうか、ぜひ調べてみてください。

●東京オリンピック記念切手
2020年の東京オリンピックの開催が決定するやいなや、前回開催された1964年の東京オリンピックの時に発行された記念切手が飛ぶように売れているということです。
それぞれの競技のイラストが掲載されている1964年発行の記念切手シートの正式名称は、”オリンピック東京大会にちなむ寄附金つき郵便切手”という名称で全6シートが発行されました。
また、同じく1964年に発行された小型シートは、競技場や聖火のイラストが掲載されているものとなります。
今後、さらに値段が上がるかもしれないという期待が高まっているそうです。

●お年玉切手シート
毎年発行されているお年玉切手シートも、実はプレミアがついているものが!
特に昭和25年のお年玉切手シートは初めて発行されたものとなっており、図案は円山応挙の「龍虎の図」というものです。
こちらはとあるサイトの価格一覧表では未使用一級品の場合、40000円の価格が付けられているということでした。
その他昭和27年、28年のお年玉切手シートは軒並み買取価格が10000円越えとなっているようです。

●切手趣味週間
毎年4月20日から一週間限定で販売されている記念切手。
高額買取の代名詞と呼ばれる記念切手の「見返り美人」、「月に雁」、「ビードロを吹く娘」なども切手趣味週間のものとなります。

コメントは停止中です。